エステ脱毛と医療レーザー脱毛の違いを大阪難波セントラルクリニックが分かりやすく説明します

エステ脱毛と医療脱毛の違い

エステサロンと医療機関クリニックの脱毛の違い

レーザー脱毛は医療行為ですので、医師免許を取得した医師や、その管理下で看護師のみが使用できます。脱毛エステサロンなどの非医療機関はもちろん使用できません。

エステサロンではIPL脱毛と呼ばれる方式を使っての脱毛を行っています。「光脱毛」や「フラッシュ脱毛」等、場所により様々な呼ばれ方をしていますが、結論から言えば、IPL脱毛と同じ事です。

脱毛サロン主流のIPLは、医療用レーザー脱毛に比べてレーザーの出力が弱い為、医療用に比べて脱毛効果もかなり低くなってしまいます。その為、医療用レーザーを知るまでの間、脱毛サロンに通われたかたも沢山いらっしゃると思いますが、なんども施術するために足を運ばれたこととおもわれます。 IPLの中には違法改造等で強いレーザーを出力出来るものもありますが、エステサロンでは強い出力での治療を行えません。なぜなら2000年頃に、脱毛エステサロンによる火傷などさまざまなトラブルが増え、厚生労働省から脱毛=医療行為という通達が出されているからです。

その理由は万が一、火傷等の肌の重大なトラブルが起こった場合、エステサロンではすぐさま治療もできませんし、抗生物質やステロイド剤等を処方する事が出来ないからです。

上記のような事から、しっかりとした脱毛効果が欲しい場合や、もし、何かトラブルが起きた場合の事を考えると、医療機関での医療脱毛を選択すべきかも知れません。

医療用レーザーとIPLの比較

医療機関 エステサロン
方式 医療用レーザー脱毛 IPL 脱毛
痛み 少し痛い
(輪ゴムで弾かれたくらい)
ほとんど痛みはない
時間 両ワキ10分程度 両ワキ10分程度
効果 きちんとした出力でレーザーを照射すれば、永久脱毛効果が出る。 レーザーの出力が弱いので、医療用レーザーに比べると脱毛効果はかなり期待出来ない。
安全性 高い 高い(不正改造脱毛機器を除く)

Navigation