AGAの原因は?

AGAの原因は?

AGA発生の原因は主に毛周期の乱れから生じます。
人は1日に約50~100本の髪の毛が抜けていきます。1日の抜け毛の数が50~100本程度であれば、毛が抜けて生えてくる「毛周期」が正常に作動しているので、髪の毛が減ったり薄毛やハゲになったりする心配はありません。
毛周期とは、成長期→退行期→休止期という毛が生え変わるサイクルのことで、人の髪の毛は3~6年の周期で変化します。

周期

  • 成長期

    新しい髪の毛が伸びる時期で活発に細胞分裂が起こっています。

  • 退行期

    髪の毛の成長が止まる時期、細胞の活動が弱まってきます。

  • 休止期

    新しい毛をつくる準備をする時期で自然に髪の毛が抜けていきます。

    一般的には遺伝や男性ホルモンバランスの乱れ、生活習慣の乱れ、ストレスの発生、血流の低下などから生じると考えられています。 他にも遺伝などが主な原因として挙げられ、生え際(M字部分含む)や頭頂部の髪がどんどん薄くなっていきます。一つ一つ症状を見ていきましょう。

症状と原因

男性ホルモン

AGAが生じる最大の要因として男性ホルモンの影響が挙げられます。
男性ホルモンが還元酵素によって、悪玉脱毛ホルモン「DHT」に変換されるのです。
このDHTは毛乳頭にある受容体と結合することで、髪の成長を抑制してしまいます。つまり、DHTの影響で髪の毛の成長期(毛周期)が短くなり、毛が十分に成長する前に抜けてしまうことが原因です。
AGAの検査で脱毛箇所を見ると、高濃度のDHTを確認することができます。

血流低下

もし頭皮の血行が悪いと感じている人は、頭皮が固く薄毛・ハゲになりやすいため要注意です。
毛根の中心部に存在する「毛母細胞」は毛を作るうえで重要な役割を果たしています。この「毛母細胞」が細胞分裂を繰り返すことにより、髪の毛が徐々に成長していきます。
また、この毛母細胞に囲まれた「毛乳頭」が細胞分裂を支えており、毛細血管を流れる血液から発毛に必要な栄養素を取り込む働きを担っています。
ところが、頭皮の血行が悪くなってしまうと毛乳頭はその役割を十分に果たすことができません。
毛乳頭が血液から栄養素を十分に取り込めなくなってしまうので、毛母細胞の活動が弱まってしまいます。つまり、髪の成長が阻害されてしまうのです。

生活習慣

AGA進行を抑えるためには生活習慣の見直しも必要です。
例えば、タバコやお酒も毛周期に影響を与えます。
タバコは血管を収縮させて血流を阻害する要因で、血液を通して十分な栄養を毛乳頭に届けることができなくなります。喫煙は頭皮の血行を悪化させる大きな要因で、毛周期を乱す懸念があります。
また、アルコールの過剰摂取も影響します。お酒を飲むこと自体が毛髪にダメージを与えるという訳ではありませんが、必要以上に飲み過ぎてしまう血流を乱し毛髪の悪影響を及ぼすのです。ただ、飲酒によってストレス解消に繋がりますし頭皮の血行も良くしますので適度な飲酒を心がけましょう。

ストレス

現代人が抱えているストレスも毛周期を乱してしまう大きな原因です。
ストレスが溜まると血管が収縮して血流が減少してしまいます。
よって髪の毛の周囲にある毛細血管が徐々に機能しにくくなってしまい、毛母細胞の働きも阻害され髪の毛が薄くなったり、ハゲを促進されたりするのです。

夜更かし

寝不足や夜更かしは健康阻害の大敵です。
とくに22時から夜中2時頃までは新陳代謝が活発になる時間帯で毛母細胞に栄養が多く運ばれます。
この時間帯に古い毛母細胞 が再生され髪の成長が促されますが、夜更かしをしていると血液が別の組織や細胞に回され、結果として栄養が毛母細胞まで行き渡らなくなります。寝不足や不規則な睡眠は頭髪の成長を妨げるので注意が必要です。






Navigation