Navigation

脂肪溶解注射(メソセラピー)について

脂肪溶解注射(メソセラピー)

脂肪溶解注射とは?

脂肪溶解注射(メソセラピー)

フランスで数十年前から行われているメソセラピーと呼ばれる注射法の1つで、注射だけで脂肪が減り、部分ダイエットが可能となりました。脂肪細胞自体を減らすので、リバウンドしにくく、手軽に部分痩せが可能です。

主なリスク、副作用など

メソセラピー・脂肪溶解注射・BNLS注射等を行う場合、針を刺した箇所が一時的に赤くなることがありますが、殆どの方が当日中には気にならなくなります。 治療当日は少し突っ張った感じがありますが、時間の経過とともに減少します。 また、内出血となるケースがありますが、時間の経過とともに気にならなくなります。 治療後すぐ、針を刺した箇所以外はメイクが可能です。 治療後翌日からは、針を刺した箇所もメイクが可能で、万が一内出血となった場合でも、ファンデーションやコンシーラーで気になる部分をカバーできます。

注意事項(リスク・副作用)

シャワー・入浴 当日から可能です。 麻酔 なし 考えられる副作用 腫れ・内出血・感染・効果が物足りない・痛み 運動について 制限はありません。